アジャリモーチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中本 新宿店

蒙古タンメン 中本の新宿店へ。
板橋の本店が一番良いけど、交通の便の良い方に行ってしまう

冷やし味噌定食1

マイ定番の冷やし味噌定食(770+170円)。
辛い、美味い

冷やし味噌定食2

中本ではご飯と麻婆豆腐の追加セットを「定食」と呼ぶ。
例により、つけだれの中に潜む豚バラ肉をご飯で頂くと最高。お腹いっぱい。

知らないうちに吉祥寺、亀戸、御徒町にも出店されてるのな
御徒町くらいは手頃に行けそうだから来週にでもいこまいか

スポンサーサイト

PageTop

和歌山県 白浜をゆく

一週間以上前の訪問記録をいけしゃあしゃあと掲載できるのも零細経営の強みだ

羽田空港から南紀白浜空港まで1時間くらい。
すっげー便利だったけどすっげー高かった(;´ω`)
次回以降行く機会があるなら陸路だな

結構有名な、水産物直売場「とれとれ市場」。

とれとれ市場

貝やら魚やら色々置いてるね

太刀魚丸ごと

太刀魚の丸ごとを見たのは初めて。これ尾っぽの方は食べられないな

三段壁

ここが三段壁。
いやー、断崖絶壁で、
飛び降り禁止を呼びかける「いのちの電話」の看板がリアルね(;´ω`)

ここは平安時代に熊野水軍の隠れ場所になっていたそうで、
崖の中の洞窟がちょっとした観光名所に。
展示の鎧カコイイー

三段壁洞窟

ちょっと車で行くと断層が洗われて出来た「千畳敷」に。
これまたいい景色。

三畳敷

ま、景色よりは美味しいものに気が行く訳で
柑橘類を使ったポン酢は外せませんな

ゆずポン

これを使った食事はまた改めて。
ゆずの香りがゴイス。とりあえず茹でもやしにかけてグッドグッドb

あと、ごぼうと魚とカマボコで作った「ごぼう巻き」が名物らしいけど
これはまぁまぁだ。形が面白いよね

ごぼう巻

雨も降らず助かった。
又行けるのなら、魚料理をもっともっと楽しみたい。

PageTop

高田馬場「ティーヌン」二回目

休日、和歌山県は白浜へ行っていたのだけどこれは後ほど。

前回の高田馬場「ティーヌン」で食べた「Bセット」の写真を貼っつけときます

トムヤムラーメンが主役の「Aセット」とは別に、「Bセット」はご飯の方がメイン。
最初が生春巻なのは同じで、こちらチキンのグリーンカレー。

ティーヌンBセット グリーンカレー

タイ米の香りと味には好印象の自分。ジャスミンライスばっちこい
このライスはパンチ控え目。

グリーンカレーに続いて出てくるのが「トムヤムスープ」。
エビ(「クン」)が入ってないから「トムヤムクンスープ」ではないっぽ

ティーヌンBセット トムヤムスープ

汁単体で見れば主役がいなくてちょっと寂しいけれども
汁啜るだけで随分(゚д゚)ウメー

初めて来る人がとりあえず頼む状況を考えると、
こちらが「B」で、トムヤムラーメンを含む方が「A」なのは正しいな、と思いましたよ。

PageTop

白浜へ

ちょっと白浜行ってくる!
天気は大丈夫か!

PageTop

高田馬場「ティーヌン」を訪れる

タイ料理が好きなのだけど、
ここが元祖というトムヤムラーメンが美味しいらしくて。

あと、ここが大井町駅内に出店してた時、
タイ料理のお惣菜(ソムタムとか)を売っていたのをたまたま見つけ
大喜びで買い込んだのを思い出して。
今はもう撤退しちゃっていて残念だわー。

ティーヌン 店頭

JR山手線 高田馬場駅から東へ10分くらい歩いたところ。
麺を引き上げるキックボクサーの看板がイカスー!

時間帯的にお得なランチメニューは頼めなかったけれども、
セットメニューも美味しそうで「Aセット」を注文。

Aセット 生春巻

最初に出てくるのが生春巻。
甘辛なタレにナッツの歯触りがナイス。
4等分された切れ端を二口ほどモグモグモグモグモグモグモグモグしていると
次にカウンタへ出てくるのがこちら:

Aセット ガパオ

小ガパオ飯。茶碗一杯じゃなくて丼でも構わんよ!という美味しさ。
これを三口ほど味わって(゚д゚)ウマーとか言ってるあたりでこちらが登場:

Aセット トムヤムクンラーメン

メインのトムヤムラーメン!
酸っぱさと辛さがワッショイワッショイしているところに、麺が合流
香菜もたっぷりで大満足。
途中から備え付けの調味料セットからナンプラーを少し足しちゃったりしてまたナイス

カウンターに座れば一人で入っても違和感を感じずに料理を楽しめるし
何より↑のトムヤムラーメンは、麺好きならタイ料理入門としてもお勧めできるんじゃないカナー

PageTop

天下一品 草加店

中華そばチェーン「天下一品」は直営店とFC店の二種類の店舗形式があるそうです。

調理方法や経営形態にどう違いがあるのか詳しく分からないけれども
十何年前から「ラーメンの味で言うと直営の方が美味い」とか何とかいう話は聞いた事が。

そこで関東でも数少ない直営店の一つであるという、
埼玉は三郷市の「天下一品 三郷店」へ、
ちょいと前に行ってきました。

JR草加駅から徒歩で10分くらい、国道沿いで看板が見えやすいです

天一草加1

店構えも新しいし、最近できたのかも?

こちらのサイト様によると2007年3月開店とか。なるほど

天一草加2

通常のこってり。
いつ見ても美味しそうな外観。特にスープとネギの色具合がもう。
にんにくと辛子味噌を一匙ずつ投入ー

こってり1

ここの店舗はにんにくをカウンター置きっぱなしにせず冷蔵庫にとり置いており
客の要望に応じて出してくれます。
香りや味を劣化させない為の配慮だとしたらナイス

こってり2

はい完食。
「明日もお待ちしてます」を見られるのが嬉しいんだよな!
そして確か、大盛り用ドンブリだとその記載が無くてションボリだった様な。

天一ガム

初めて買いました、オリジナルガム。
味は到って普通だけど、ここで頑張られてもしょうがない。
所謂パケ買いって奴ですな。

店内も明るく麺もスープも「いつも通り」で満足。
月1回くらいは天一食べて元気チャージだぜ

PageTop

南越谷「めいげんそ」二回目

昨日の記事に引き続き。

ここは「つけ麺」だけでなく「まぜそば」も美味しいと聞いてオーダーしてみました
前回同様、麺1.5倍の「大盛り」で。

まぜそば大盛り1

魚粉、揚げオニオン、焼き豚、ネギ、水菜、タルタル、メンマ、卵黄、刻みねぎ、炊き込みご飯が
トッピングされていて贅沢。

麺は胚芽入りの灰色っぽい感じ。
つけ麺のそれとはちょっと違う様な?

まぜそば大盛り2

これをよくマゼマゼしていただきました。

このままでも十分完食できる美味しさだったけれども
最初に添えてくれるラー油を加えると味に変化が出て大正解

昨日の塩つけ麺にしてもこちらのまぜそばにしても
どちら目当てでも良いお店と思います

PageTop

南越谷「めいげんそ」一回目

埼玉の南越谷でおいしいつけ麺の店があると知って。

店名:めいげんそ
所在地:埼玉県越谷市南越谷1-23-1
     JR南越谷駅のガード下です
開店時間:11:30
閉店時間:不明だけど22:30?

めいげんそ 店頭1

塩つけ麺が看板らしい。

めいげんそ 店頭2

メニュー見たら、普通盛り/大盛り/特盛りが同価格の780円!
その上の「男盛り」は別料金な。でもナイスサービス
自分は通常の1.5倍(360g)の「大盛り」をオーダーしてみましたよ

塩つけ麺大盛り1

麺はシコシコしすぎず、だけど小麦粉の香りがちゃんとしていてナイス

塩つけ麺大盛り2

付け汁には小柱とあさり?が形のまま入っていてこれもまた美味しい。
大盛りで丁度お腹イパイ。付け汁をスープ割りしました
そしたら三つ葉入りの和風スープに変化してくれてまたまたナイス

塩つけ麺大盛り3

まだ知名度は低いかも知れないけど、
1回は行って損のない、美味しいお店じゃないかと思ったYO

もう一回行ってみましたので次回に続く

PageTop

下北半島を行く② 恐山を歩く

~じすらあ~

下北半島はGW中でも涼しくて実に気持ちいい。

----------------

本州最北端の大間崎まで来てボーッと過ごしたいのもやまやまながら、
夕方までに八戸まで戻らなくてはならず、
あんまりゆっくりできない。

半島の中心都市であるむつ市を経由し、恐山へ。
近づくにつれ、車のエアコンからも硫黄臭が入り込んで来て雰囲気デテキター

入り口とかは思いの他きちんと整備されていて綺麗。
こちらが山門。左側の建物でいたこさんと会えるYO

恐山山門

山門を超えると、硫黄臭漂う岩の丘がずーっと続いている。
観光経路の地域は、山というよりはなだらかな丘で歩きやすい
(とはいえ足場は岩と砂だらけだから、スニーカーがベスト)

恐山経路1

川というかせせらぎが、この先の湖へ流れているのだけど
火山質の土壌の成分のせいでナイスな色になっている。
お賽銭も錆々で何が何やら分からない状態にw
硫黄ガスで表面が硫化しているのカナ?

恐山経路3

恐山経路2

経路を進むと、視界が開けて湖へ出てくる。
パンフレット曰く「地獄から天国へ向かう道筋を表しています」とか。
ここの湖岸は白砂の綺麗な浜になっていて、
さっきのゴツゴツした地形とは確かに別世界。

恐山経路4

そういうことならばと、天国っぽく編集してみたYO !

恐山経路5r

それで八戸まで戻った訳ですが、
帰りの六ヶ所村付近、上半分が霧で隠れつつ高速回転する風力発電用風車とか、
行きの横浜町での超広大な菜の花畑とか、
まだまだご紹介し足りない。

頭の中に今も焼きつく景色の再見学と、
今回行けなかった自衛隊三沢基地やらご当地ラーメンやらを目当てに
あと一回は絶対行きたいナと思った旅行でしたわー。


---------------------------
【補足】:公式ページのイベント情報blogをみてびっくり。

今年の六ヶ所原燃PRセンター GW企画

一日目・・・通期イベント「ロボットと遊ぼっと」開幕
二日目・・・ゆってぃによるお笑いショー
三日目・・・仮面ライダーディケイドショー
四日目・・・炎神戦隊ゴーオンジャーショー

なんという気合の入りよう。

過去の記事も見るに、地元では結構イベントスポットとして馴染んでいるのかも。
地元の人との交流が不可欠というのは主催側の願いとも直結している事だし。

それにしても六ヶ所村まで営業、という
芸人さんやアトラクションの人は大変だなー

PageTop

下北半島を行く① 六ヶ所村から大間岬

今年は故あってどこにも出られないGWなので、
鬱憤晴らしで去年のGWの写真を載せる事に。

何せ新緑まぶしい季節には山村の散策がぴったりである。
青森県は下北半島、具体的には恐山と六ヶ所村へ行ってきたー

旅程はこんな感じ。行きが赤線で帰りが橙線。
(珍しくクリックで拡大します)

旅程

夜のうちに新幹線で八戸駅まで行き、東横インへ一泊。
夕方に先着で振舞われる無料の手作りカレーがうめぇ。

翌早朝から、本州最北端を目指してレンタカーの日帰り旅。
このくらいの北緯だと関東圏とは違う肌寒さが明らかに感じられ、
遠くまできたものだと実感できるYO

まずは六ヶ所村の、いろいろなものを埋めているところへ!
六ヶ所原燃PRセンターでお勉強だぜ。

六ヶ所村原燃PRセンター

畏まって入ったんだけど、
GW中ということもあってか、家族連れ目当てで
いきなり入り口から「デジモンアドベンチャー」のイベントがやっており、
親子連れは建物の案内そっちのけでイベントに夢中!
ううむ、センターの中の人もイメージ戦略に大変ですな

ところで、この施設で「モンスター」絡みのイベントって、ある意味豪気ですな。
六ヶ所村限定のレアキャラとか密かに以下略


ここを過ぎ、半島の中間地点くらいにある道の駅で一休み。

道の駅横浜

横浜町にある「道の駅 よこはま」。いいよいいよー
「・・・あぁオレオレ、今横浜。」

YOKOHAMATOWN

そして正午過ぎに、本州最北端の地である大間崎へ到着。
ここは北海道南端の松前よりも北に位置しているのだよ

大間崎 本州最北端の碑

風がビュービュー吹いているけどこれはこれで爽快。
たこの燻製とかマグロ丼、マグロ煮、地ビールなど売店のお土産もナイス。
地ビール「麦雫」は下北半島のお寺で醸造しているんだぜ!
いわゆる般若湯ですか!

梅香山 崇徳寺 「卍・麦雫(むぎしずく)」

そして大間崎の見学広場でタコ足燻製を齧りながら時間を潰す。

うみねこ

うみねこ。目つきコワー

夕方くらいまでボケーッとしてても全然余裕であろう場所だったけれども、
恐山見学とレンタカーの返却時間を考え、切りのいいところで撤収。

大間崎そのものは言うまでもないお勧めスポットなんだけど、
そこに至るまでの、津軽海峡沿いの道の眺めがまた良いんだ。
車の人は断崖ダイビングしない様に注意な。

GW中でもそれほど人出は無かったし、
いい場所をチョイスできたものだと満足。

メインの恐山訪問は後半の帰路編に続きます

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。