アジャリモーチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

これからが本当の地獄だぜ!

何かと寒い話の多い中いかがお過ごしでしょうか。

私の居る会社の業務報告でも
「景気の情勢を鑑み客先では本件に対する予算を縮小する見込み」とか
「順調に進んできた今プロジェクトは、この時勢を受け一旦凍結」とか
いう寒い話を見かけます。

けれど、
不景気突入だぜー!と騒ぎ出してまだ2~3ヶ月しか経ってないじゃないですか。
去年末辺りからヤバイヤバイとは言ってましたけど。

今はまだ「来るべき不景気に備えている段階」じゃないか?
それで、そんな段階から「要らん」と言われる商品やサービスなんて、
顧客からすれば全然重要度が高くないんじゃないか?

要らん、と言う側になると分かったのだけど、
最近は売り込みの訪問や電話に対して
不景気ってだけで体よく断る事が出来てしまったり。

「いやぁこの不況なんで今から予算なんて組めないですよー!」
とか、
「今は会社の財布も硬くて新規購入とか出来ないのでスイマセン!」
とかで、

相手様も「ですよねー」って結構あっさり引き下がっちゃう。
断る側としては不可抗力ダカラネーと罪悪感が薄まるし、便利なフレーズですな

まだまだ不景気入り口の今のうちから、
物が売れない原因を「不景気だから」「このご時勢だから」とかに求めすぎていると
来年には言い訳すら出来なくなりまっせ ( ゚д゚) 、ペッペッ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。