アジャリモーチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

回鍋肉を食べ比べる

回鍋肉が食べたくなって、材料のキャベツと豚肉とピーマンとネギだけ用意したよ。

タレは市販品で二種類作り比べ。

----------------------------------
まずは味の素KK(CookDo)の方から。
箱書きに「ザク切りにした野菜は半分ずつ短時間で炒めましょう」とあったので
そうしてみる。

回鍋肉 CookDo

なるほど野菜のシャキシャキした感じが残りつつ美味しい。
というか回鍋肉って美味しいね

クックドゥ 回鍋肉 90gクックドゥ 回鍋肉 90g
()
不明

商品詳細を見る

----------------------------------
次に丸美屋の方にチャレンジ。
こちらの箱書きには「豚肉は予め下茹でしてから炒めましょう」とあったので
そうしてみる。

回鍋肉 丸美屋

なるほど豚の余計な脂分がギトギトしすぎずタレの味が引き立つ。
というか回鍋肉って美味しいね

丸美屋 七味芳香 回鍋肉の素 100g丸美屋 七味芳香 回鍋肉の素 100g
()
不明

商品詳細を見る

----------------------------------

どっちがどうとかそういう問題ではなく
回鍋肉はどう作ってみても( ゚Д゚)うまい と判明しました!

ところで最近はタレそのものの工夫だけじゃなく、
最終的にどう美味しく食べてもらうかを
メーカーさんはフォローしているのですな。

これって単純ながら「顧客満足とは何たるか」を物語っているヨネー
メーカーの方はうまいタレを味わって貰いたいんじゃなくて、
回鍋肉という料理そのものを美味しく食べて貰いたいという点に
心を注いでいる訳ですよ。

「作り方のTipsを守ればタレの違いなんて関係ないのかよ(゚Д゚)y─┛~~」
と捉えられかねない諸刃の剣だろうけど、
そこはきっと、回鍋肉業界(?)の需要拡大を見据えた
まさに「三方よし」の精神でやっているのに違いない。


ま、それはそれとして、改めて、
回鍋肉と丼飯の相性は異常。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。